ライフデザイン建築研究所

コラム

9月22日JIA秋田地域会主催、二ツ井道の駅見学会


道の駅は、能代市に在住し、全国で活躍されている西方氏の設計による、木造の建築です。構造設計は、弊社でも以前、国際教養大学図書館で一緒に仕事をした山田憲明氏。一部集成材は利用しているものの、一般に流通している木材を利用した簡潔な構造計画で大胆な空間を作り出しています。断熱は西方氏の得意なジャンルで、高性能住宅用サッシを採用し、コストダウンに成功しています。派手な建築ではありませんが、まじめで実直な西方氏らしい作品でした。見学者は、千葉、山形、宮城、岩手、青森そして秋田と広域から集まりました。休日であったこともあり、多数のお客様が集まり、道の駅というジャンルを超えて、遊び場としてのイメージも地域に根付きつつあるようです。おおらかな空間構成、理詰めでないデザイン、ゆっくり、過ごしやすい空間となっていました。JIAの活動は広く一般に建築設計という業務を広めること。
その意味からも見学した道に駅は、好感の持てる建築でした。  茂木聡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top