ホーム > コラム

Column

 コラム

2022.11.28

今日は11月28日、今年もあと一か月。あっという間に過ぎた気がします。12月8日に東北工業大学大学院で講義。今回は、故京都大学教授外山義先生が亡くなって20年。この機会に、生前先生と一緒に仕事した時代を振り返る内容としました。時間的に言うと、やく30年前に戻ることに。資料を整理し、改めて読みなおすと、今でも新鮮な思い、刺激的な時期だったと思います。先生の思想は、今でも新しく、今だからこそ必要な思いかもしれません。老人施設のユニット化は、先生が亡くなった後、行政が引継ぎ制度化されました。ただ制度、基準には、心は入りません。形式だけが独り歩きし、そこに高齢者の悩みや苦しみは忘れられ、規則だから合わせればよいと言う思いが感じられます。20年前、私が書いた文章には、ユニットには限界があると明記していました。外山先生が当時悩まれていたことが私の言葉で出版されていました。忘れていた思いをひも解いて、初心に帰る。なぜユニットだったのか、ユニットケアなのか。議論はずいぶんされたのですが、気が付くと20年。今ユニットは、福祉にかかわる人間には当たり前のこと。生前、先生はユニットの制度化は、望んではいませんでした。それは、今の姿を想像できたからでしょう。ユニットは儲からない、スタッフの負担が大きい等さまざまな観点から論じられ、それが当然だという論調が多くを占めます。しかし、日本で初のユニット型施設を造ったときも、同じだった。でも、一番大きく違うことは、ユニット化全室個室を望んだのは、地域に住まう住民の総意だったこと。福祉施設を運営する多くの団体は、収益をもとめ、ユニット化を行います。しかし、形式では収益は増えません。制度ではなく、運営そのものを見直すことで、新しい道が見えてくるはず。20年前、やっと日本の高齢者福祉施設は大きな扉を開けた。今扉は無いけれど、また新しい扉を開ける時だと思います。その象徴が在宅ケア。過渡期をつないだものがユニットケアだったのだと、今思います。 茂木聡

2022.10.19

建築設計者が関係する建築関係団体は、多数ありますが、大きなものは、3団体でしょう。

公益社団法人 日本建築家協会

一般社団法人 日本建築士事務所協会

一般社団法人 日本建築士会

それぞれ特徴があります。

日本建築家協会は、建築設計をする人で一級建築士を持ち、実績を持ち、建築設計事務所に所属する人たちの団体で、日本全国で一団体です。

日本建築士事務所協会は、建築設計を行う設計事務所の団体で、施工会社の設計部もメンバーとなります。原則各県単位で独立した組織です。

日本建築士会は、建築士の免許を持っている人間の団体で、施工者も含まれます。

このように、それぞれ全く違う団体ですが、会員は重複している人が多数います。

コロナ禍で、全国大会が中止になり今年、3団体とも3年ぶりに全国大会が開催されています。それも10月初旬 事務所協会(熊本県)、10月中旬 建築士会(秋田県)、10月下旬 建築家協会(沖縄県)。

それぞれ内容は違いますが、1,000人を超える会員が集まります。

わたしも以前は建築家協会全国大会に毎回参加してきました。

しかし、今年はどの団体の総会にも参加していません。

疑問を感じているからです。オンライン会議が普及して、遠隔地でも会議が普通にできるようになりました。しかs、オンライン会議の限界も明確に見えてきました。その意味で会うことは否定しません。

ただ同時期に、会員同士が重なることが多い団体同士が、これほど遠隔地で3週間連続で開催されること、果たして意味があったのでしょうか。

勉強会だと言う人もいます。お祭りだと言う人もいます。このまま続ければ、各会の幹部を中心に出席するような総会になっていくでしょう。それだけ負担が大きいのです。

そろそろ考えなければいけない時期が来ている。手遅れにならないうちに全国大会のような大きな会は、3回が協議していく必要性を強く感じます。(茂木 聡)

 

2022.6.7

設計事務所にとって、6月は新年度の仕事が一斉に始まる時期です。弊社も継続事業、新たな物件の相談、そしてプロポーザルコンペ。

プロポーザルコンペは、大いに参加したいのですが、参加条件が厳しかったり、スケジュールの都合で断念したり。

そしてコロナ禍、急激に普及したのがオンライン打ち合わせ。講演会や勉強会、海外との打ち合わせには最適ですが、多数が参加する会議には不向きだと感じています。

また建築設計では、詳細はやはり原寸図でなければわからないものが多くあります。

最近では、コロナもかなり終息したこともあり、直接会う打ち合わせ+オンライン会議と、毎日が打ち合わせだらけで、デスクワークが進まないことも痛感しています。

茂木聡

 

2022.4.1

令和4年の新年度が始まりました。設計事務所にとっては、新年度は各作業の継続中のため、年度という区切りは無いのですが、一般社会は新年度という区切りの時期にあたります。

弊社は積極的に学生アルバイトを募集し、一緒に建築をつくることにより、学生にとってより現実的に設計の世界を知ってもらう試みを、会社創設時より行ってきました。

アルバイト卒業生は、現在、日本のみならず、世界で活躍しています。皆一流企業で活躍しています。我々スタッフもうれしい限りです。また学生から様々な刺激をもらいます。

アルバイト学生は、地域柄県内の学生に限定されてしまいますが、秋田県立大学、秋田美術工芸大学、秋田高等専門学校の方々です。現在も皆さん、頑張っています。

興味がありましたら、遠慮なく声をかけてください。

弊社は、引き続き今いただいている仕事の邁進、そして新たに始まるであろうプロポーザルコンペに積極的に応募して行きます。

引き続き、皆様のご支援を期待する次第です。

 

 

2022.3.16

ロシアのウクライナ侵攻が連日話題になっています。日本とロシアの地勢的距離を考えると、対岸の火事とは言えないでしょう。

現代の戦争がどういうものか、あらためて考えさせられます。国という概念は何なのか、自治があり、それがせ世界各国から認められ、独立として運営されるものと考える時、国の定義があまりにも曖昧であることに気が付かされます。世界が米ソの冷戦時代を過去のものとした今、世界がグローバル化した時に起こった戦争。日本では感じえない陸続きでありながら国境がある。私たちはヨーロッパを旅行した時、国境をあまり意識せずに移動できます。ひとたび戦争がはじまると、国というものが全面に出てくる。不思議な概念です。

私は日本で生まれ育ったので、国境というものを意味あるものと感じない。日本という国が戦争を経験し、自国を守るために多くの人間が亡くなった事実、これはとても重いことなのだけれど。

今、インターネットの世界には、国境は存在しない。確かに国にっては自由にネットを検索できない事実もあります。しかし、我々が知るインターネットの世界は、全体を100とすると、約5の世界。つまり各国が規制する世界は、その5の部分。大方は規制外の世界。

今、戦争で多くの人が亡くなっている。これは一般国民に限らず、兵士も。

新型コロナウイルスの世界蔓延で、国境の意味が無いことは、世界中が痛感したこと。

どんな結末が待っているのか、わかりませんが、世界は確実に変わっていることを痛感します。  茂木聡