ホーム > コラム

Column

 コラム

2020.4.21

秋田県も非常事態宣言の対象となりました。新型コロナウイルス対策で、事務所への入室制限をさせていただいています。

1 事前予約の無い方は、お会いできません。

2 入室される方は、マスク着用をお願いいたします。

3 県外への移動自粛要請が出ています。県外のお客様には、申し訳ありませんが、

  原則WEB又は電話での対応となります。 

2020.4.8

非常事態宣言は発令されました。幸い秋田県は、対象自治体には入ってませんが、日常生活に十分注意が必要でしょう。弊社の取り組み

①事前にお約束の無い方とは、基本的にお会いできません。

②入室する場合は、マスク着用を願いします。

③配達業者様には、社内の入り口前の受付(室外)での対応をお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

2020.4.6

非常事態宣言が発令されようとしています。日本人にって、自由は憲法で規定されていることから、さほど強制力のあるものにはなりません。しかし、現状の感染者増加の状況は、看過できる状況ではなくなっています。自由という考え方は、何をしても良いというものではなく、自分自身が責任をもって行動するという意味です。私は先月末、現地の確認作業があり、東京及び川口市に出張しました。移動した場所は、空港から設備設計事務所、翌日は、川口市及び現地打ち合わせです。その間マスク着用し、公共交通機関を利用しました。電車は窓が開けられてました。車内も空席が目立ちます。飛行機も空調機をフル稼働、ヘパフィルターを経由して機内の空気を循環、3分間で入れ替えが行われているとのこと。ホテルも入り口、カウンター、エレベーター前等に消毒液が置かれていました。かなりの対応が行われています。しかし、一方でごく一部の方でしょうが、飲み歩いている。昨日、東京都医師会長がFBにアップしたコメントを読みました。「皆がうつされないように、努力し、心がければ2週間で患者は半減する。長くても6週間でコロナウイルスの感染者はなくなることになる。」たしかに指摘のとおりです。うつらないように自宅で自粛すれば、6週間でほぼ鎮圧できる。今日から、事務内でも、外部からうつされない対応を進めています。アポイントの無い営業の方へは、申し訳ありませんが、対応できません。また、打ち合わせ時には互いマスクを着用する。配達の方も外部で対応する等です。皆で努力し、乗り切りましょう。  茂木 

2020.1.21

住まいは、衣食住といわれるように、大変大切な要素です。しかし、住という行為、日常生活では、ほかの要素に比べると、あまり大切にされていないように思います。 特に高齢者にとって、自分の居場所としての住まいがクローザップされます。老人施設は様々な研究の結果、ユニット型個室が重要視されるようになりました。ユニット型個室の根本的考え方は、自分の居場所が確保されつつ小さなコミュニティーで生活するという考え方です。適切なコミュニティーの大きさは、人それぞれ、決まりはありません。しかし、日本にユニット型老人施設の考え方を導入した、故外山先生は、日本人にとっては7~8人程度だろうと発言しています。個が確立している北欧では4~5人だろうとも言われました。人数が少ないとより密着した人間関係が成立することか、そして先生がスウェーデンで研究してきた結果から導き出された数です。現在のユニットケアは10人前後が通常ですが、これは、人間関係から導き出されたものではなく組織経営から、これ以上小さなグループは、経済的に難しということでできた数字です。私は自分が手掛けた施設を定期的に訪れていますが、10人というのはやはり中途半端だったということを痛感します。それは1ユニット内でお年寄りがグループ化している様を見ることがあるからです。外山先生が現在のユニット型特養を見たら、なんと発言されていたでしょうか。時々考えさせられます。

2020.1.6

2020年 今年もよろしくお願いいたします。 本年も、設計活動、研究活動、奉仕活動を積極的に行っていきます。 個人としては、公益社団法人日本建築家協会東北支部秋田地域会長を2020年も引き続き、務めさせていただく予定です。 会社は、大規模な医療施設、同じく大規模な福祉施設の設計を行っていきます。 また、昨年、JVで申請したコンペにて、受注した、秋田県新複合化相談施設の設計を進めていきます。 同様に継続している工事監理も行います。 様々な改修設計、コンサルタント、監修業務等を行います。 建築界は大変な年を迎えようとしています。 人口減少は、すべての分野に影響を与え始めています。 高齢化も同様です。 困難な時代を生き抜くため、研究活動も引き続き行います。 引き続き、よろしくお願いいたします。 茂木聡