ホーム > コラム

Column

 コラム

2020.5.30

新型コロナウイルスによる感染症で、多くの方々が亡くなったことは、大変痛ましく、心からご冥福をお祈りいたします。

全国の非常事態宣言は解除され、非日常から日常へと移行しつつある状況で、大いに考えさせられたことがあります。未知の感染症ウイルスですから、どのようなことから感染するのか、発症した方はどうなるのか、感染対策は。マスコミ、SNSで大いに議論され、膨大な情報が垂れ流されました。これは良い、あれはダメ。しかし、未知の感染症である以上、過去の経験から想定していくしかない。結果論で批判する人、間違った情報で騒ぐ人、多くのあまりにも非常識な情報は、見ても聞いても何ともないのですが、名のある方々が作為的に発信される情報は、世の中を大きな間違った方向へ導いていく危険を感じました。私は、医療施設建築を専門としていますので、最低限の常識と、ある程度確実性のあるデーターが入ってきます。そのデーターを参考に、新たな施設設計に役立てようと思っています。しかし、マスコミやSNSに登場する似非専門家が非常識な発言をし、マスコミがあおると、人々は心理的恐怖におちいります。大切なことは正しく恐れることだと考えます。新型コロナウイルスの治療薬やワクチンが開発されたら、検証してみる必要があると思います。

社会は動き出しました。まだ感染症を克服したわけではありません。私が尊敬する福祉施設の理事長の言葉が印象的でした。人間生活において大切なのは3っつの「しょく」であると。

1 食事の「しょく」おいしもの、楽し食事は人間の原点、精神的にも心に余裕を持たせてくれます。

2 接触の「しょく」人間は、一人では生きていけません。人とのかかわりが大切です。

3 職業の「しょく」役割があれば、精神は健全に作用しますし、生きる活力も生まれます。

新型コロナウイルスは、これら3っつの「しょく」を避けることが有効な感染症対策と考えられています。そのため心を病むコロナ鬱の発症や、人間関係の絆を分断することで、社会的恐怖が増大したのだと考えます。薬品の開発が待たれますが、最終的には共存していくしかないのだろうと思います。インフルエンザのように。       茂木聡

 

2020.5.1

ホームページをリニューアルしました。会社案内、概要、作品紹介等は、まだ途中ですが、完成し次第、順次アップしていきます。よろしくお願いします。

今年は、会社を設立して12年目です。昨年設計し、現在工事中の特別養護老人ホーム(秋田市新屋)は、弊社で初めて「ZEB Ready」の認証を取得しました。また、6月頃には、ZEBプランナーの認証も取得予定です。ZEBの詳しい内容については、当ホームページのZEBをご参照ください。

 建築設計事務所でZEBプランナーを取得したのは、秋田県では、初めてです。東北全体を見てもまだ少数です。省エネルギーの基準を達成し、二酸化炭素の削減に貢献する建築設計者として認められたことになります。ZEB認証を得る設計にあたっては、徹底した省エネルギー化を行います。工事費は若干高くなりますが、ランニングコストが抑えられること、また、国が認証した建築には、補助金を出していることから、総合的には建築主にとっても得な制度です。将来的には、広く普及させなければいけないことだと考えます。国際社会でも、二酸化炭素削減は、急務です。建築は、絶えず未来のために造られます。弊社も積極的にZEBプランナーとしてのノウハウを活用し、責務を全うすべく、活動を行っていきます。ZEB認証に伴い、ホームページをリニューアルしました。 「医療福祉に詳しい設計事務所」に加えて、「ZEBプランナー」として、世界環境を考える設計事務所として、一歩踏み出しました。新しいことにチャレンジする精神を忘れずに、皆様の期待に応えられるよう、一層努力していきます。 茂木聡

2020.4.21

秋田県も非常事態宣言の対象となりました。新型コロナウイルス対策で、事務所への入室制限をさせていただいています。

1 事前予約の無い方は、お会いできません。

2 入室される方は、マスク着用をお願いいたします。

3 県外への移動自粛要請が出ています。県外のお客様には、申し訳ありませんが、

  原則WEB又は電話での対応となります。 

2020.4.8

非常事態宣言は発令されました。幸い秋田県は、対象自治体には入ってませんが、日常生活に十分注意が必要でしょう。弊社の取り組み

①事前にお約束の無い方とは、基本的にお会いできません。

②入室する場合は、マスク着用を願いします。

③配達業者様には、社内の入り口前の受付(室外)での対応をお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

2020.4.6

非常事態宣言が発令されようとしています。日本人にって、自由は憲法で規定されていることから、さほど強制力のあるものにはなりません。しかし、現状の感染者増加の状況は、看過できる状況ではなくなっています。自由という考え方は、何をしても良いというものではなく、自分自身が責任をもって行動するという意味です。私は先月末、現地の確認作業があり、東京及び川口市に出張しました。移動した場所は、空港から設備設計事務所、翌日は、川口市及び現地打ち合わせです。その間マスク着用し、公共交通機関を利用しました。電車は窓が開けられてました。車内も空席が目立ちます。飛行機も空調機をフル稼働、ヘパフィルターを経由して機内の空気を循環、3分間で入れ替えが行われているとのこと。ホテルも入り口、カウンター、エレベーター前等に消毒液が置かれていました。かなりの対応が行われています。しかし、一方でごく一部の方でしょうが、飲み歩いている。昨日、東京都医師会長がFBにアップしたコメントを読みました。「皆がうつされないように、努力し、心がければ2週間で患者は半減する。長くても6週間でコロナウイルスの感染者はなくなることになる。」たしかに指摘のとおりです。うつらないように自宅で自粛すれば、6週間でほぼ鎮圧できる。今日から、事務内でも、外部からうつされない対応を進めています。アポイントの無い営業の方へは、申し訳ありませんが、対応できません。また、打ち合わせ時には互いマスクを着用する。配達の方も外部で対応する等です。皆で努力し、乗り切りましょう。  茂木